うつ、と生きていく

うつ・パニック障害を持ちつつ就職・結婚できました

うつを抱えながらの恋愛は諦めるしかないの?

こんにちは、とびうおです。

うつを患っていると恋愛にも消極的になってしまうかもしれません。

自分のことで精一杯・・私もそうでした。

今回の記事では、うつを抱えての恋愛は諦めるしかないのか、考えたいと思います。

カップルの影サンセット

うつを抱えての恋愛

うつ病と恋愛の相性

うつを抱えていると、基本的に自己否定の気持ちがあります。

また、体調不良が多くなるので外出するのも大変な時があります。そのため、「こんな自分は好かれない」「自分のことで精一杯なのに他人のことを考えられない」といったことを考えます。

こんなことを考えてしまって、恋愛ができないと思うのは当たり前ですよね。

恋愛ってパワーが必要だと思います。もともと心が弱っている状態のうつ病と相性が悪いのは仕方がないですね。

うつ病のイメージ

最近は有名人も公表するなど、うつ病は一般的な病気になったと言えるかもしれません。

ただ、恋愛市場においてはネガティブなイメージであることは間違いないです。

「恋人がうつ病になった。支えられない」

「いつも情緒が不安定で大変」

など、体験談も多くネット上に散乱しているため、「うつ病」と聞くだけで相手が構えてしまうのは仕方ないのかなと思います。

うつになったら恋愛は諦めるしかないの?

うつ病で恋愛をするのが難しい理由

残念ながら、うつ病で恋愛をするのは確かに難しいと思います。

その理由を書いてみますね。

【うつ病で恋愛が難しい理由】

  • 体調に波があり会う約束など守れないときがある
  • 自己否定感から自分から関係を終わらせたくなる

他にもあると思いますが、結構ありがちかな理由だと思います。

諦めるべきか

うつ病で恋愛は上記のとおり「難しい」と言えます。

けれど諦めなくても大丈夫!と声を大きくして言いたいです。

なぜなら、うつ病を受け入れてくれる人が絶対にいるからです。

むしろ「相手の方の人柄を見極められるチャンス」だと思うのはいかがでしょうか?

病気は誰しもがなり得るもです。それはうつ病でも一緒です。うつ病に対し理解を示してくれる方を是非好きになってみてください。

おわりに

今回はうつを抱えての恋愛は諦めるしかないのか、考えてみました。

少し勇気がいるかもしれませんが、自分を少しだけ好きになってみて恋愛をしてみてください。

疲れたら無理せず少し休んでくださいね。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。